事故車は売れます【事故車買取ナビ】

事故車でも高額で売る方法はあります

事故車は高く売ることができない・・・?なんてことはありませんので安心してください。事故車=廃車のようなイメージになってしまっており、新車購入と同時に手放してしまうのは非常にもったいないです。廃車費用(処分費用)だけでもタダになれば儲けものなんて思っていませんか?廃車費用どころか、事故車でも高く売れる高く売れる可能性があります。

事故車が高く売れる理由のひとつとして、実は海外との文化の違いがあります。日本では事故車を買い替えてしまう人が非常に多いですが(もちろん事故後の状態にもよります)、海外では「車を修理して長く乗ること」が文化として根付いている国が多く、事故車でも直せば乗れるものはもちろんのこと、解体して部品を再利用するものも高評価して買い取られます。海外では日本車の評価も高く人気もありますので、海外の大きな車市場を使えば事故車でも高く売ることができます。日本市場とは比べ物にならない市場規模ですので、常に車の需要はあるのです例え事故車であっても。ただ、いくら海外で需要があると言っても個人で輸入販売などできるはずもありません。そこで、日本でも海外マーケットに販売ルートを持っている車買取業者を使いましょう。事故車を取り扱える車買取業者は一部です。このような買取業者を選択できるかどうかが事故車を高額売却できるかどうかの鍵になります。

そもそもその車は事故車ですか?事故車の定義を勘違いしている人も非常に多いです。交通事故で損傷を受けた車が一般的に「事故車」と呼ばれることが多いためです。中古車の定義として「修復歴」という言葉もあります。事故車は車のフレーム(サイドバンパー)・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・ラジエーターコアサポート・バックパネルなどを修理(交換)すると事故車となります。逆にフロントバンパー・ロアスカート・フロントフェンダー・ボンネット・リアフェンダー・トランクリッド・リアバンパー・サイドシルパネル・ドアなどのキズやちょっとした事故で修理することが多いこれらの部分を修復(交換)しても事故車ではなく「修復歴あり」となります。修復歴ありでも車を査定する場合にはひびきますが、事故車ほどではありません。事故車と思っていたものが、実は定義上は事故車ではなく査定額も思った金額の3倍ほどになったというパターンもあります。まずは、一括査定サービスを利用して、自分の車が売れるのかどうかを確認するのがよいでしょう。

事故を起こしてしまって板金屋(塗装屋)などに車を持ち込むと、そのまま0円で引き取られてしまう人などもいます。事故後は精神的にも落ち込んでいたり、浮ついていたりするのでそのまま引き渡すことに違和感を感じない人も多いのです。事故車でも前述のとおり売れることが多々あります。一度落ち着いて、いろいろな買取会社の査定・評価を聞いてみましょう。これによって、うまく高値で売ることができれば、事故によるダメージも少しだけ和らぐかもしれません。

事故車(修復歴あり)を査定してもらう場合はしっかりと査定会社の人に伝えてください。「気付かれなければ儲けもの」なんてことは全くありません。後々、事故車(修復歴あり)と判明した場合は査定額が大幅に下がります。買取金額がしっかり伝えていた時よりも下がってしまうこともありますので、後ろ暗いことはせず、きっちり明かしましょう。そうすれば、事故車でもしっかり査定して売れる会社はあります。そのためにも、一括車査定サービスを利用してください。オンラインから入力することで、複数の会社に査定依頼することができます。しかも出張査定してくれるので、事故車で自走する必要もありません。もちろん査定には一切お金はかかりません(完全無料)。事故車だと諦める前に、少しだけ時間を作って事故車を売りませんか?

このページの先頭へ